2020年の振り返りと2021年の抱負

毎年続けている一文字抱負、2020年に立てた抱負は「」でした。専業となった2019年に「続」き、翻訳の案件数、稼ぎ、そして健康と、諸々順調に仕事できることを願って立てた抱負でしたが、2月からまさか新型コロナでこれまでとガラッと変わる生活(でも在宅という点ではあまり…)になるとは思いもしませんでした。

僕も御多分に漏れず、2020年5月が特に持続化給付金を申請するくらい売上急減。ですが、6月以降はなんとか受注もそこそこに戻り、取引先の業界で変動が大きくみられる中ではありましたが総じて抱負を達成できたと思います。

とはいえ、広島も含めて新型コロナの影響は増すばかり。本音は2020年はもう少しゆったりと仕事したかったのですが、2021年こそもっと深刻になるのではと例年の種まきの手を緩めずこれまで以上に積極的に新規開拓して新規の引き合いも多く受けました。だって種は(普通)すぐに芽吹かないですしね。2021年は一層気を引き締めて、開拓を続けていきます。

2021年も一文字抱負を立てました。2021年は「勉」。仕事に直結する勉強はいつもしていますが、調べて終わってるものもあって、定期案件は別としてせっかく調べた情報が身についてないなと感じるところもあるからです。2021年は仕事はもちろん、仕事以外でも自分の興味関心のある分野をしっかり勉強しようと思います!

Sprachgetriebe Consulting © 2021